チェストプレスのやり方を解説

鍛えられる筋肉

チェストプレスでは

  • 大胸筋
  • 上腕三頭筋
  • 三角筋前部

といった筋肉を鍛えることができます。
これはベンチプレスと同じですが、マシーンを使うため初心者でも安定した軌道で行え、高重量でも怪我の心配が少ないのがチェストプレスのメリットです。

マシーンチェストプレスのやり方

マシンチェストプレスのフォーム

  1. マシーンのシートに座り背中をしっかりとつける
  2. バーを握り肩甲骨を寄せて胸をはりそのままバーを押し出していく
  3. 肘が伸びきるまできたらゆっくりとスタートポジションに戻る
  4. 後はこれを決めた回数繰り返す
呼吸は、押しながら吐き、戻しながら吸うのがよい。

レジスタンスバンドを使ったチェストプレスのやり方

レジスタンスバンドチェストプレスのフォーム
高負荷はかけれませんがレジスタンスバンドを使ったチェストプレスもあります。

  1. 柱などにレジスタンスバンドを掛け背中にまわし両手で握る
  2. 左右の長さが同じになるようにそろえ肘を曲げバンドが張るよう調整する
  3. 両手同時に真っ直ぐ押し出していき伸びきったらゆっくりスタートポジションに戻る
  4. 後は限界までこれを繰り返す
腕と床は常に平行を保つようにする。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク