グッドモーニングで足腰を鍛える

鍛えることのできる筋肉

お辞儀をするような姿勢だからなのでしょうか、面白い名前ですがグッドモーニングでは主に

  • 大殿筋
  • 脊柱起立筋
  • ハムストリングス

といった筋肉を鍛えることができます。

重さと回数

筋肥大を目指すトレーニングの場合限界重量の80%程度の負荷×10回を1セットとすることが多いですが、グッドモーニングの場合、高負荷だとフォームが崩れ目的の部位に上手く効かない可能性が強いので15~20回を1セットとするのでよいと思います。初心者のうちはバーのみで行ってもよいでしょう。
セット数は3セットは基準としてセット間には1~3分のインターバルを入れます。

やり方

グッドモーニングのフォーム

  1. 肩幅程度の感覚で足をひらいて直立し肩にバーベルを担ぐ
  2. お辞儀するいうに上体を前方に倒していく(膝は多少曲げてもよい)
  3. 上体と床が平行になる位置まできたらゆっくり起き上がりスタートポディションに戻る
  4. 後は決めた回数これを繰り返す
顔は下を向けず前方に向ける。
胸を張り気味にして背中が丸まらないように注意する
呼吸は吸いながら下ろして、上げるときに吐くのがよい。
ダンベルを使って行う場合は両手にダンベルを持ち、先端を肩にかけて行うが高重量だとやりにくい。
初心者の内はバーのみで行ってもよい。また座っても行うことができる。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク