バランスボール使った腕立て伏せのやり方を解説

鍛えられる筋肉

腕立て伏せ(プッシュアップ)では、

  • 大胸筋
  • 上腕三頭筋
  • 三角筋

といった筋肉を鍛えることができます。

バランスボールに足を乗せる腕立て伏せ

バランスボールに足を乗せた腕立て伏せ

  1. 足の甲をバランスボールにつけ肩幅程度の間隔を開いて手を床に着ける
  2. 腕を伸ばし床と体が平行な状態を作ったら息を吸いながら腕を曲げていく
  3. 顎が地面に着く寸前まできたら息を吐きながらスタートポジションへ戻る
  4. 後はこれを自分が決めた回数繰り返す
普通の腕立て伏せより少しキツイ。バランスを崩さないように注意。

バランスボールに手を置く腕立て伏せ

バランスボールに手を置いた腕立て伏せ

  1. バランスボールに両手を着き足を伸ばす
  2. 腕を伸ばして構えたら、そのままゆっくり腕を曲げていく
  3. 胸がボールに着く寸前まできたらスタートポジションに戻る
  4. 後は決めた回数これを繰り返す
普通の腕立て伏せよりも多少楽にできる。かかとは直角に保つ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク