ケーブルクロスオーバーフライのやり方を解説

鍛えられる筋肉

ケーブルクロスオーバーでは、

  • 大胸筋
  • 三角筋前部
  • 上腕三頭筋

などを鍛えることができます。特に大胸筋の強化に効果的な種目です。

やり方

ケーブルクロスオーバーのフォーム

  1. 肩幅程度に足を開いてマシンの中央に立ち、両手でグリップを握る
  2. 両手を開き肩甲骨を寄せて胸を張り、やや前傾姿勢をとる
  3. 息を吐きながら腕を閉じていく
  4. 拳がくつく辺りまできたらスタートポジションに戻り、後はこれを決めた回数繰り返す
腕は腹の前でクロスさせてもよい。
肘を曲げた状態からスタートするバージョンもある。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク