あなたはデブ?ガリ?「太ってる」の基準はなにか。BMI、体脂肪率など

自分の体重は軽いのか重いのか、自分の体型は痩せ型なのか標準的なのかあるいは太めなのかどうか気になりますよね。
普段は見た目を主観的に判断して「太ってる」、「痩せてる」などと言っている場合がほとんどだと思うのですが、そうではなく数値で客観的に太ってるかどうか判断できるものにはどんなものがあるのかを少し調べてみました。

身長と体重のバランスを知るにはBMI

BMI (Body Mass Index)は身長に対して体重が適正な値なのかどうなを判断するための体格指数で、体重(kg)÷身長(m)の二乗で計算されます。

例えば、180㎝、70㎏の人のBMI は70÷1.8×1.8 で21.6、160㎝、50㎏の人のBMIは50÷1.6×1.6で19.5ということになります。

BMIがどの程度なら太っていてどの程度なら痩せているかについてはいくつかの異なる基準があるそうですが、WHO(世界保健機関)の基準では以下のようになっています。

体型 指標
痩せすぎ 16以下
痩せ 16~17
痩せぎみ 17~18.5
普通体重 18.5~25
前肥満 25~30
肥満(1度) 30~35
肥満(2度) 35~40
肥満(3度) 40以上

またBMIが22になる時の体重をその身長における標準体重といったりもします(身長の二乗×22で求めることができます)。

ただBMIは体重と身長の関係がどうなのかを見ているだけで体組成は全く考慮されていません。
例えば同じ身長175cm、体重80kgでも体脂肪率が10%の人と30%の人では全く見た目が違ってきますがBMIは同じです。

175cm、80kg体脂肪率10%はマッチョと呼ばれるべきですが、BMIだけで考えると前者の人をデブと判断してしまうことになります。

体脂肪率で脂肪と筋肉の割合が分かる

体脂肪率は体重の内どれぐらいが脂肪でどれぐらいが除脂肪組織(骨や筋肉)なのかを表した割合です。

体脂肪率を測る方法には人を水の中に沈めて比重から体脂肪率を推定する水中体重測定法や、皮下脂肪の厚さを測る皮下脂肪厚法などもありますが、インピーダンス法が最もポピュラーな測定方法となっています。

これは体に微弱な電流を流して電気抵抗を測るといったもので、体脂肪率計では基本この仕組みが採用されていますので体脂肪率計や体脂肪測定機能付きの体重計で体脂肪率を測った時にはインピーダンス法で測定されているはずです。

この方法は自宅で手軽にできる唯一の測定法ですが、誤差が大きく機械によっては測る毎に数パーセント違っていたりするのであまり細かく気にしすぎてもしょうがないと思います。

体脂肪率何パーセントからが太っているのかについてもいくつもの基準がありますが、だいたい以下のような感じです。

男性 女性
痩せ 15%未満 20%未満
標準 15~20% 20~25%
肥満気味 20~25% 25~30%
肥満 25%以上 30%以上

女の人は標準的に男性より脂肪が多い仕様なので、肥満と判断される体脂肪率も高めになります。

脂肪付き方によっては見た目的にそれ程太っているように見えなくても体脂肪率が高い(いわゆる隠れ肥満)ということもありますので一度測っておくとよいでしょう。

ちなみに体脂肪率10%以下になると腹筋が綺麗に割れて見えてくるはずです。

その他

BMIと体脂肪が肥満かどうかを判定する主な指標ですが、他にはどんなものがあるでしょうか。

ローレル指数は子供を対象としたBMIのようなもので、体重(kg)÷身長(cm)の三乗×10000000で計算され、130前後が標準、160以上が肥満とされます。

また内臓脂肪型肥満(腹部肥満)の判定には腹囲の太さ(男性85cm、女性90cm以上が肥満とされる)や腹囲殿囲比(ウエストの大きさをヒップの大きさで割ったもので男性1.0、女性0.8以上で腹部肥満とされる)が使われることもあります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク