【ヨガ】牛の顔のポーズのやり方を解説

期待できる効果

牛面のポーズともいい、サンスクリット語ではgomukhasana(ゴムカ・アーサナ)というそうです。牛の顔っぽいかは謎ですが、以下の効果が期待できます。

  • 肩、背中、尻、腿、足首のストレッチ
  • 集中力の向上

やり方

牛の顔のポーズイラスト

  1. 床に足をくの字にして座り、上体は正面を向ける
  2. 上側の片足をクロスさせて反対側にもっていき足の甲を床に着ける
  3. 息を吸いながら片腕を上げ、もう片腕は背中に回す
  4. 肩甲骨の間で手を握り、背筋を伸ばして胸を開き上下に引き合う
  5. しばらくその状態を保ち、左右を入れ替えて同じことをやる
体がかたくて上手くできない場合は紐やタオルを手に持って行うとよいと思います。足が組めないのはどうしょうもないですが、手が届かないという事態はこれで防げます。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク