【ヨガ】ワニのポーズのやり方を解説

期待できる効果

どの辺がワニなのか今いちよくわかりませんが以下が期待できるといわれています。

  • 腰回り、背中の柔軟性向上
  • 肩こり、腰痛の解消
  • 便秘の解消

サンスクリット語ではJathara Parivartanasana(ジャタラパリヴァルタナアーサナ)というそうです。

やり方

ワニのポーズのイラスト

  1. 体の側面を地面につける形で床に寝そべる
  2. 地面についてない側の膝を曲げ、手を膝の上に置く
  3. 息を吸いながら上側の手と曲げて方の足を伸ばす
  4. 息を吐きながら体をねじって腕を横に倒し、顔もそちら側を向ける
  5. しばらくその姿勢をキープしたら、体を反対にして同じことを行う
そんなにキツくはないと思います。気持ちよく体をストレッチできます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする