【ヨガ】赤ちゃんのポーズを解説

期待できる効果

赤ちゃんのポーズでは以下のことが期待できるといわれています。

  • ガスだまりによる腹痛の解消
  • 便秘の解消
  • 腰回りの柔軟性の向上

サンスクリット語ではPavana Muktasana(パヴァーナムスクアーサナ)といい、ガス(Pavana)を放出するポーズといった意味だそうです。

やり方

赤ちゃんのポーズ

  • 床に仰向けになり膝を立てる
  • 息を吐きながら膝を胸の方に引き寄せていく
  • 手で膝を抱えしばらくその状態をキープしたらスタートポジションに戻る
片足を伸ばした状態で行うバージョンもあります。
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク