シーテッドローイングのやり方を解説

鍛えられる筋肉

シーテッドローイング(シーテッドロウ)では、

  • 広背筋
  • 三角筋後部
  • 僧帽筋
  • 大円筋

などの筋肉を鍛えることができます。背中の筋肉がメインですね。

やり方

マシーンシーテッドローイングのフォーム

  1. マシンに足を向ける形で台に座り、足は肩幅程度に開いて軽く膝を曲げる
  2. 両手でグリップを握り、上体を立てて前傾させて構える
  3. 肩甲骨を寄せながら肘を曲げてケーブルを引いていく
  4. グリップがみぞおち辺りまできたら一瞬止めスタートポジションに戻る
  5. 後は決めた回数これを繰り返す
呼吸は、引くときに吸い、戻しながら吐くのがよい。
引くときにあまり状態を後ろに倒しすぎないようにする。
持つところがバーになっているタイプのマシンでは手幅を広くとったり、逆手で握って行うバージョンもできる。

チューブを使ったシーテッドローイング

チューブシーテッドローイングのフォーム
あまり高い負荷はかけられませんがチューブやレジスタンスバンドを使用したシーテッドローイングもあります。

  1. 床に尻をついて座り足を伸ばす
  2. 足の裏にチューブを回ししっかり負荷かかかる長さに調整したら端を握る
  3. 息を吸い肩甲骨を寄せながら肘を曲げてロープを引いていく
  4. みぞおち辺りまできたら一瞬止めスタートポジションに戻る
  5. 後は決めた回数これを繰り返す
自宅でも手軽にできるのがメリット。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク