【ヨガ】橋のポーズのやり方を解説

期待できる効果

ブリッジのようなポーズですね。サンスクリット語ではsetu bandhasana(セツバンダアーサナ)というそうです。期待できる効果としては以下があるといわれています。

  • 大殿筋、ハムストリング、脊柱起立筋、骨盤底筋などの教化
  • 腰痛の改善
  • 内蔵機能の活性化

やり方

橋のポーズのフォーム

  1. 床に仰向けになり膝を立て足を軽く開き、両手は伸ばして床に着ける
  2. 息を吸いながらゆっくりと骨盤を上げていく
  3. 上がり切ったら骨盤を肩の方に寄せ、手を組んで床を押しさらに限界まで上げる
  4. そのままの状態をしばらくキープし、スタートポジションに戻る
キレイに上げるのはかなり難しい。上手くできない場合は手を腰に当てて補助するのがよい。
足の裏は終始地面から離さない。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク