どうやって捨てる?ダンベルやバーベルの処分方法について。

シャフトとプレート
壊れたり錆びたり筋トレを止めてしまったりで不要になったダンベル、バーベルがでてくることもあると思います。
しかし、あんな重たいものを普通にゴミに出してしまってもよいものなのでしょうか?ダンベル、バーベルの処分方法について少し調べてみました。

捨てる場合

ゴミの捨て方のルールというのは自治体によって変わってきますので、全国的同じというわけではないはずですが、ダンベルやバーベルは粗大ゴミとなる場合が多いと思います。
残念ながら粗大ごみは基本有料です。いくつかの自治体についてみてみましょう。

横浜市の場合

横浜市では一番長い辺が30cm以下の主に金属で出来ているものは「小さな金属類」として普通のゴミで出すことができます。

今家にあるダンベルを計ってみたところシャフトは30cmを超えますが、プレートは30cm以内だったのでプレートだけだったらこれで出せるはずです(主に金属ということはラバーコーティングされてても大丈夫なんでしょうか…)。

30cmを超えるものは粗大ごみとして処分することになります。手順としては、

  1. 粗大ごみ受付センターに連絡
  2. 金融機関、コンビニ等で手数料を払い収集シールを受けとる(500~2000円ぐらい?)
  3. 集シールを貼って決められた日に指定の場所に出す

といった感じになります。

大阪市の場合

大阪市の場合も横浜市と同じく最大の辺または径が30cmまでなら普通のゴミに出せるようです。
ただ他の金属類とは違って資源ごみではなく「普通ごみ」として出すようにいわれています(選別施設の破損の原因となるため)。

30cmを超えるものはやはり粗大ごみで、

  1. 粗大ごみ収集受付センターに連絡
  2. コンビニ、スーパー等で粗大ごみ処理手数料券を購入(200~1000円)
  3. 処理手数料券を貼って決められた日に出す

といった流れになっています。

ネットで売却する場合

まだ使えそうな場合はヤフオクモバオク、メルカリ等を使って自分で売却することもできます。
が、気をつけなければいけないのがどういう手段で送るかです。

例えばヤマト運輸の場合、

  • 宅配便→1個当たり25kgまで
  • ヤマト便→1個当たり30kgまで

となっており30kgを越えるダンベルやバーベルを一括で送ることはできません。
そのサイズのダンベルやバーベルはたいていプレート取り外し式のはずですから小分けにして送ることもできますが、その分料金も高くなってしまいます。
なので売却する前にちゃんと発送方法や料金を調べておかないと送料の方が落札価格よりも高かったみたいな事態に陥るので注意が必要です。

リサイクルショップに売る

捨てるのはもったいないし、ネットで売るのは面倒という人はリサイクルショップに売却するという手もあります(ほとんどお金にはならないと思いますが…)。

ただダンベルやバーベルを扱っていない店も多いので難しいところです。

店舗の多いチェーン店でしたらトレジャーファクトリーが買い取りを行っているようです。

またはお金にはなりませんが、無料で引き取ってくれる廃品回収業者も探せばあると思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク