【ヨガ】木のポーズのやり方を解説

期待できる効果

立ち木のポーズとも呼ばれます。英語ではTree Poseといい、サンスクリット語ではvriksh asana(ヴリクシャ・アーサナ)というそうです。
期待できる効果には以下があるといわれています。

  • バランス感覚の向上
  • 足首の教化、太腿の筋力アップ
  • o脚の改善

やり方

立木のポーズのフォーム

  1. 両足をそろえて直立し目を閉じて呼吸を整える
  2. 右ひざを曲げてもう一方の脚の腿の内側に足の裏をつける
  3. 両手を胸の前で合わせしばらくその状態を保つ
  4. 両手を合わせたまま頭上に上げていき体をストレッチする
  5. 手、脚を下ろし反対側に組み換えて同じことをする
上手くできない場合は、壁などに片手をつきながら行い徐々に慣れていくのがよいでしょう。
上体はねじらず、体は常に真っ直ぐ保つ。滑らないよう注意。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク