ウィンドシールドワイパーのやり方を解説

鍛えられる筋肉

ウィンドシールドワイパーでは主に、

  • 外腹斜筋
  • 内腹斜筋

を鍛えることができます。脇腹の筋肉ですね。また腹直筋や広背筋にも多少の効果があります。

床でやる場合のやり方

床で行うウインドシールドワイパーのフォーム

  1. 床に仰向けになり両足をそろえて上げる
  2. そのまま左右どちらかに脚を倒していく
  3. 床に着く直前まできたら反対方向へ倒していく
  4. 後はこれを限界の回数まで繰り返す
勢い余って床に着いてしまわないよう注意。

ぶら下がってやる場合のやり方

ぶらさがって行うウインドシールドワイパーのフォーム

  1. チンニングスタンドなどに逆手でぶら下がる
  2. 脚を上げ床と背中がだいたい平行になるようにする
  3. 両足そろえたまま左右どちらかへ倒していく
  4. 背中の位置まできたら反対側へ倒していき、後はこれを限界まで繰り返す
かなり難しく上級者向け。腕などにもそれなりに力がないとキツい。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク